しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

MENU

IWC2020年新作ポルトギーゼの魅力を時計選びのプロが紹介

新型コロナウイルスの影響で大規模展示会が延期になり、今年2020年は新たな試みとして、ウェブサイトでの新作発表が行われている。

 

ホディンキー(日本版)2020年の新作時計まとめや、ウェブクロノス「ウォチーズ&ワンダーズ ジュネーブ」オンライン発表におけるタイムスケジュールはこちらからが2020年新作腕時計を網羅的に紹介しているので、ご覧あれ。

 

例年、大規模な展示会はスイスで行われており、関係者にとっては一大イベントだったが、ユーザーは、基本的に、会場に行ったバイヤーを通じてしか情報を入手できなかった。

 

2020年4月25日午後7時以降にウォッチーズ&ワンダーズ ジュネーブ(旧SIHH)というイベントがウェブサイト上で行われた。

 

ユーザー目線で見れば、ウェブ上で直接イベントに参加することができたので、よかったとおもう。

 

ウォッチーズ&ワンダーズ ジュネーブには、リシュモングループが中核ではあるが、個性的な独立系ブランドも参画していて、内容はかなり充実している。

 

一通りざっと見たなかで特に気になったのはIWC(アイ・ダブリュー・シー)の看板ラインナップである「ポルトギーゼ」の新作だ。

 

f:id:shirokuma-watch:20200507133838p:plain

IWC公式HPより)Ref.IW358303

 

ポルトギーゼ=クロノグラフというのが旧ラインナップだった。

 

2020年の新作では、ポルトギーゼにクロノグラフがない、スモールセコンドだけのシンプルな三針時計がラインナップに加わった。

 

www.shirokuma-watch.com

 

スモールセコンドの三針時計は、IWCにありそうでなかったとおもわれるが、そのルーツは1930年代に発表されたRef.325にあるとされている。

 

f:id:shirokuma-watch:20200428192046p:plain

IWC公式HPより 1939年2月22日にウクライナの時計卸売業者であるオデッサのL.シュワルツに販売された最初のポルトガルの腕時計の1つ)

 

ブランドが自社のアーカイブから着想を得て新作をつくるやり方は、オーデマ・ピゲなどもやっている手法で、古典的な腕時計が気になるユーザーにとっては嬉しい。

 

f:id:shirokuma-watch:20200428190731p:plain

IWC公式HPより ポルトガルリファレンス325-「ミッシングリンク」)

 

シンプルなスモールセコンドの三針時計となると、意外と選択肢が限られている。

 

www.shirokuma-watch.com

 

パテックフィリップや、ヴァシュロンコンスタンタンあたりになってしまうと、かなり高額になってくる。

 

www.shirokuma-watch.com

 

この点、2020年新作IWCポルトギーゼ・​オートマティック40)は、100万円以下の価格帯でシンプルなスモールセコンドの三針時計を探していた層にうまく訴求できる。

 

f:id:shirokuma-watch:20200428193419p:plain

(公式HPより)

 

アプライドインデックスになっており、表情が立体的。

 

f:id:shirokuma-watch:20200428193151p:plain

IWC公式HPより)

 

ポルトギーゼ・​オートマティック40は、自動巻きであり、裏蓋はシースルーバック仕様だ。

 

見ていて男心をくすぐるムーブメントだ。

 

自動巻きローターは肉抜きされていて鑑賞しやすくなっている。

 

カラーバリエーションも用意された。

 

ホワイトダイヤルに青針のものは人気が出そうだ。

 

f:id:shirokuma-watch:20200428193624p:plain

IWC公式HPより)Ref.IW358304

ブルーダイヤルにシルバー針のものもシックにまとまっている印象。

 

f:id:shirokuma-watch:20200428193748p:plain

IWC公式HPより)Ref.IW358305


ポルトギーゼ・​オートマティック40のスペックと価格は以下のとおり。

  • 直径 40.4mm
  • 厚さ 12.3mm
  • 防水 3気圧
  • パワーリザーブ 60時間
  • 価格 79万7500円(税込)

 

クラシックなデザインの時計が好きな人には、ポルトギーゼ・​オートマティック40はけっこう響くとおもう。

 

(2020年5月7日追記)

ホディンキー日本版のウェブサイト(Hands-On IWC ポルトギーゼ・オートマティック 40 2020年新作を実機レビュー)で実機のレビュー記事がアップされているので参考まで。やはりいい感じだ。

~ 時 計 選 び を も っ と 楽 し く ~