しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

時計屋放浪記【カルティエ】タンクMC Ref.W5330003

試着した腕時計の感想を記したい。

 

カルティエから。

 

f:id:shirokuma-watch:20200501113554j:image

 

カルティエ Cartier

 

タンクMC

 

Ref.W5330003

 

価格78万1000円(税込)

 

ちなみにタンクMCの「MC」は「マニュファクチュール・カルティエ」を表す。

 

自社製ムーブメントを載せていると言う意味だ。

 

スペック

 

キャリバー 1904-PS MC 自動巻きメカニカルムーブメント“マニュファクチュール”、スティール製ケース、ファセットを施したスティール製リューズにシンセティック スピネル、シルバー仕上げフランケ ダイアル、ブルースティール製剣型針、サファイア クリスタル、セミマット ブラック アリゲーター ストラップ、スティール製ダブル アジャスタブル デプロワイヤント バックル、3時位置に日付表示窓、6時位置にスモールセコンド、サファイア ケースバック、厚さ:9.5 mm、日常生活防水

 

豆知識として文字盤の時字「Ⅶ」には「CARTIER」という隠し文字がある。

 

f:id:shirokuma-watch:20200501113618j:image

 

ベゼルの両サイドはポリッシュ仕上げ(鏡面仕上げ)だ。

 

この仕上げ部分は高級感が高まる反面、傷が付いたら目立つので慎重に扱う必要がある。

 

ベゼルの上下とケースサイドはサテン仕上げ(筋目仕上げ)だ。

 

この仕上げ部分は筋目が入って艶が消されているので、多少傷が付いても目立ちにくい。

 

タンク MC ウォッチLM、スティール、レザー

 

スマホの写真では文字盤のアップに限界があるのでHPから画像をもってきた。

 

このように中心から12分割されて、各々のスペースに弧の模様が彫られている。

 

この装飾があることによって、高級感がぐっと高まっている。

 

先の写真で文字盤の光の反射の仕方が美しいのが見えると思う。

 

自社製ムーブメントを見せるべく裏蓋はシースルーバック仕様になっているのもGoodポイントだ。

 

スクエア型に興味があれば、かなりおススメだ。

 

ただ残念ながら一つ言わなければならないことがある。

 

この時計を手に取ったとき、鏡面仕上げの部分が指紋でベトベトに汚れていた。

 

客が試着したら指紋が付くのは仕方ない。

 

その後なぜ美しく拭いてケースに戻さないのか?

 

この時計は好きだが、この店で買おうとは思わない。

 

なぜなら時計は高い買い物だ。こういったところまで行き届いている店は、アフターサービスもしっかりしていると推測されよう。

 

時計を購入する際は、試着しよう。展示品とはいえ、時計の美しさが保たれているか、確かめるべきだ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルティエ CARTIER タンクMC オートマティック W5330003 新品...
価格:701700円(税込、送料無料) (2020/1/8時点)

楽天で購入

 


人気ブログランキング