しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

時計屋放浪記【タグホイヤー】モナコ キャリバー12 Ref: CAW2111.FC6183

角型時計のスポーツウオッチのご紹介です。

 

私が試着した時計がこれです。

 

f:id:shirokuma-watch:20200501120349j:image

 

タグ・ホイヤー TAG Heuer

モナコ MONACO

キャリバー12

Ref: CAW2111.FC6183

価格はプライスタグが見えていますが63万2500円(税込)。

 

タグ・ホイヤーは1860年創業の老舗スイスブランドです。

 

創業時のブランド名は創業者の名前を冠した「エドワード・ホイヤー・ウオッチ」。

 

「レーシングクロノの名門」などと呼ばれたりもします。

 

1985年にサウジアラビアの投資家により設立された「TAGグループ」の資金提供を受け、現行ブランド名になりました。

 

さて、モナコといえばF1の世界三大レースの一つ「モナコグランプリ」(1929年~)で有名です。

 

高級リゾート市街地を走り回るあれです。

 

F1モナコGP予選が行われたモンテカルロ市街地コース

 

「栄光のル・マン」というカーアクション映画の主演男優(スティーブ・マックイーン)が着用した時計ということで今でも人気がある「モナコ」。

 

豆知識としてオリジナルモデルにはケース正面左側にりゅうずがあります。

 

f:id:shirokuma-watch:20191028180522p:plain

 

ケースはSS(ステンレススチール)製、大きさは39mm。

 

文字盤はモナコの海をイメージした「ブルー」。

 

「モナコ」は

 

  1. 世界初の「自動巻きクロノグラフ」
  2. 世界初の「スクエア型の防水時計」

 

とされています。

 

遡ること1960年代、「クロノグラフ」時計は「手巻き」時計しかなかった頃。

 

自動巻きのクロノグラフをつくるという話になり、

 

  1. ホイヤー(当時)
  2. ブライトリング
  3. デュポア・デプラ
  4. ビューレン

 

1969年3月、最終的には上記の四社連合で開発に成功。

 

 

誕生したのがこの「キャリバー11」。

 

自動巻きローターが見当たらない?かと思いきや、小型のマイクロローター式になっており、かつ、外からは見えない位置に配置されています。

 

防水性は「30m」を達成。

 

(現行モデルは100m防水まで達しています)

 

スクエア型という時計には珍しい形に、違和感なくむしろ整然と見える文字盤デザイン。

 

今から50年前にリリースされていますので、さぞ「斬新」だったことでしょう。

 

今でもスクエア型の時計は相対的には少なく、このジャンルでは今なお有力なモデルであり続けています。

 

それに50年経っても基本デザインがほとんど変わらず、なお売れているわけで、並み大抵のことではありません。

 

今年は自動巻きクロノグラフ誕生50周年の節目の年で、時計専門誌ウォッチナビでも大々的に取り上げられていましたね。

 

 

角型時計をお探しの方にはおすすめできるモデルの一つです。

 


人気ブログランキング