しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

時計屋放浪記【セイコー】プレザージュSARX077(藍鉄)・SARX079(常盤)実機レビュー

(時計屋という聖地へ 一本を求め 次の一本を求め さまよう

しろくま腕時計紹介店の 時計屋放浪記 ~♪)

いざ、家電量販店へ

f:id:shirokuma-watch:20200916221218j:image

セイコー プレザージュ SARX077 

価格11万円(税込)

基本スペック

駆動方式 メカニカル 自動巻(手巻つき)

精度 日差+25秒~-15秒

駆動期間 最大巻上時約70時間持続

ガラス材質 サファイア

内面無反射コーティング

日常生活用強化防水(10気圧)

耐磁 あり

ケースサイズ 厚さ:11.1㎜ 横:39.3㎜ 縦:47.2㎜
重さ 155.0g

カレンダー(日付)機能つき

石数 24石

秒針停止機能 

最近発売された新しいプレザージュ。

新ダイヤルは「日本の伝統的な麻の葉紋様」であると言い非常に独特。

麻の葉紋様は「成長や出世を願う柄」として親しまれてきたらしい。入学、就職、昇進、転職といった節目を向けた人なんかには縁起が良さそう。

発売前からかなり気になっていたが、たまたま通りかかった家電量販店に実機が早速並んでいたのでテンションが上がった。

ダイヤルは厚さ0.4ミリの金属板に僅かな高低差で表現されているといい、光の反射が何ともいい感じ。

ダイヤルは、①藍鉄(あいてつ)、②白練(しろねり)、③常盤(ときわ)、および④煤竹(すすたけ)の4色展開。

まず試着したのは①藍鉄(あいてつ)。鉄感のある藍色。青にも色々な種類があって面白い。


セイコープレザージュSARX077 Seiko presage SARX077 藍鉄ダイヤル リストロール

時分針はセイコーらしい鋭いドフィーヌ針。端正なバーインデックス。シャープな秒針。美しく鏡面仕上げされたベゼル。ブレスレットの質感もいい具合。ダイヤルだけに目が行きがちだが、その他の作りも充実している。いやいや、これ10万円なの?アメイジング。

f:id:shirokuma-watch:20200916221800j:image

次は、SARX079を試着。

ダイヤルは常盤(ときわ)。杉や松といった強い緑。葉の色が年中変わらない=永久不変ということらしい。プレザージュはいつも凝ったコンセプトで攻めてくるのだが、とりわけ本作のコンセプトは非常に作り込まれている。感心。

私事ながら最近緑ダイヤルっていいなと思っていて(ロレックスの2020年新作で出たオイパペのグリーンダイヤルは気になる)、本作の常盤は発売前から非常に楽しみにしていたモデル。

一般にグリーンダイヤルは一歩間違えばチープに見えることもあるが、本作の常盤ダイヤルは濃く暗めの緑で大人っぽい落ち着いた印象でグッド。また麻の葉加紋様ダイヤルにより光が多角的に反射していることもあって、見応え満点。


セイコープレザージュSARX079 Seiko presage SARX079 常盤ダイヤル リストロール

これにイエローカラーの針を組み合わせてきたわけだが、実機を見る前はこの針の色が微妙かなと想像していた。しかし実機で確認したところ、安っぽい黄色ではなく、美しい質感のあるイエローゴールドカラーで一安心。常盤との相性も思ったほど悪くないどころか、結構マッチしている。

 

麻の葉紋様ダイヤルは万人受けするものではないだろうが、ハマる人にはハマる。勿論どんな場面でも使えるわけではないが、コーデにちょっとした遊びを取り入れることができるので、一本持っておいて損はなさそう。これから秋〜冬に向かうシーズンでは「革ベルト」に付け替えて楽しむこともできる。藍鉄にはブラックを合わせれば締まりそうだし、常盤にはブラウンなどが合う気がする。価格は11万円(税込)と決して安くはないが、小遣い制のサラリーマンでもちょっと頑張れば買えないことはない。