しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

時計屋放浪記【オメガ】シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM Ref.210.30.42.20.03.001

時計屋放浪の旅で出会った時計を紹介しよう。

 

f:id:shirokuma-watch:20200614183926j:plain

 

オメガ シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM Ref.210.30.42.20.03.001

価格61万6000円(税込)

 

スペック(オメガ公式HPより抜粋)

ラグの間のサイズ: 20 mm

ブレスレット: ステンレススティール

ケース: ステンレススティール

ケース直径: 42 mm

クリスタル風防: 両面に無反射加工を施したドーム型強化無反射サファイアガラス

防水: 30 気圧 (300 メートル / 1000 フィート)

キャリバー: オメガ 8800

パワーリザーブ: 55時間

シリコン“Si14”製のフリースプラングテンプ

15,000ガウス以上の耐磁性能

 

この時計の詳細については、白文字盤タイプをレビューしている拙稿「時計屋放浪記【オメガ】シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM Ref.210.30.42.20.04.001」を参照されたい。

 

f:id:shirokuma-watch:20200614183951j:plain

 

低い角度からのアングル。

 

ダイヤルはブルーだが、深い青、紺と表現した方がよいかもしれい。

 

セラミックのダイヤルにレ⁠ーザ⁠ーエングレ⁠ービングによる波模様が彫られている。

この波模様、ホワイトダイヤルのタイプと比べると、ブルーダイヤルの方がしっくりきているように思えた。

 

ダイバーズ、海、ということで言えば、やっぱりブルーのダイヤルがしっくりくるが、ホワイトダイヤルの方も爽やかで捨てがたい。

 

オメガ シーマスター ダイバー300Mは、ホワイトダイヤルか、ブルーダイヤルかで、けっこう迷うだろう。