しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

MENU

腕時計のすすめ【H. モーザー】H.Moser & Cie. エンデバー endeavour パーペチュアル ムーン コンセプト perpetual-moon

機械式腕時計を買おうと探している方に向けて、当店が厳選した機械式腕時計をご紹介します。


今回は、以下の条件で考えます。

 

  • 予算450万円
  • シンプル×ドレス 
  • ツウなブランド
  • インパクトもある

 

450万円も腕時計に使える方はそうはおられないと思いますが、紹介したいと思います。

 

1801-1200_base

1801-1200, ENDEAVOUR PERPETUAL MOON | H.モーザー-H.Moser & Cie.|スイス・シャフハウゼン製の高級時計

 

H. モーザー H.Moser & Cie.

エンデバー endeavour

パーペチュアル ムーン コンセプト perpetual-moon

価格425万円(税抜)

 

何の変哲も無い、ただの文字盤が黒い、ムーンフェイズ付きの腕時計にしか見えないのに、「何でこんなに高いの?」と思われたのではないでしょうか。

 

当然ケースの素材は金(ホワイトゴールド)なのか、と思いきやステンレススチール(SS)です。

 

しかも、時字も、ブランドロゴも一切ないではないかと。

 

しかし、これだけ高いのには、大きく二点のポイントがあります。

 

まず、特徴的な文字盤の色です。

 

ただの黒では?と思いきや、Vantablack®(ベンタブラック)という特殊な色です。

 

ベンタブラックは、地球上で知られている限り、「最も黒い物質」とされています。

 

Vantaというのは、Vertically Aligned NanoTube Arraysの略です。

 

反射率が極めて低く(0.036%)、つまり、光をほぼ吸収してしまうので、光をほぼ反射しません。

 

人工衛星に載せられる機器にコーティングされるといった使われ方をしています。

 

しかし、それで400万円以上するなんて・・・と思われたと思います。

 

実は、ムーンフェイズが複雑機構となっています。

 

すなわち、モデル名のとおり「パーペチュアル ムーン」です。

 

どれくらいの精度か?誤差は何と「1027 年で1日」です。

 

一般的なムーンフェイズでは、3年で1日くらいの誤差が出ます。

 

高精度なムーンフェイズでも、122.6年で1日くらいの誤差が出ます。

 

これでも十分すごい数字ですが、このモデルは「1027 年で1日」という超高精度な数字を叩き出します。

 

ここまで超高精度なムーンフェイズをつくれるブランドは、A.ランゲ&ゾーネ等、かなり限られます。

 

ちなみに、パワーリザーブも7日間とかなり長いです。

 

大きさは42mmでやや大きめです。

 

このモデルは、一見すると、ただの文字盤が黒い、ムーンフェイズ付きの腕時計にしか見えませんが、中身はすごいことになっており、高額になっています。

 

ここまで来ると、かなりの時計ツウでないともはや理解不能でしょう。

 

なお、価格は同じで色違いでこういうのもあります。

 

1801-0400_base

1801-0400, ENDEAVOUR PERPETUAL MOON | H.モーザー-H.Moser & Cie.|スイス・シャフハウゼン製の高級時計

 

こちらは18Kレッドゴールド製のケースです。

 

文字盤は、H. モーザーの特徴である「フュメ」仕様になっています。

 

フュメとは、フランス語で煙の意味です。

 

青い色がふわぁっとなっている感じがしますね。

 

こちらもセンスが良く、黒とどちらが良いか悩むところです。

 

最後に、高精度なムーンフェイズのイメージが湧きにくい方のために、A.ランゲ&ゾーネのHPから動画を引用しておきます。

 


Astronomische Komplikation: die orbitale Mondphasenanzeige – A. Lange & Söhne

 

 

 


人気ブログランキング