しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

キズミを購入レビュー【ESCHENBACH】 エッシェンバッハ ルーペ EB1124-10

「キズミ」(傷見)という道具をご存じだろうか。

時計の文字盤やケースを細部まで観察することができるルーペの一種だ。

時計好きな方なら、持っている人も少なくないはず。

筆者も購入してみたので、まだ持っていない人のためにレビューをしておきたいとおもう。

今回購入したのはこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルーペ ESCHENBACH エッシェンバッハ 10倍 EB1124-10
価格:3300円(税込、送料別) (2020/8/20時点)

楽天で購入

 

 

ESCHENBACH(エッシェンバッハ)という1913年に創業されたドイツのブランドで、ルーペ、オペラグラス等の光学メーカーとのこと。

ルーペには倍率があり、3、5、10倍と種類があるが、一番高倍率の「10倍」のものをチョイス。

 

外箱

f:id:shirokuma-watch:20200820171810j:plain


キズミ(ルーペ)

f:id:shirokuma-watch:20200820171833j:plain

軽い。

帽子のような形になっており、ツバの側からのぞく。

このツバの部分を眼窩に挟み込んで使うことができる(両手が自由になる)。

 

スマホのレンズに当てて撮影してみた。

観察対象はロレックスのGMTマスターⅡ(Ref.116710ln)

f:id:shirokuma-watch:20200820171905j:plain

12時位置のロゴや6時位置のモデル名等の印字がよく見える。

印字が若干ぼやけているように映ってしまったが、これはピンボケであり、実際にはまったく文句が付けられないほどきれいに印字されている。

 

f:id:shirokuma-watch:20200820171938j:plain

こうして針やインデックスを拡大して見ると、

美しく作られているなあと改めて実感。

 

f:id:shirokuma-watch:20200820172018j:plain

りゅうずの先端は普段あまり意識して見ないが。

このように拡大してみると、りゅうずのギザギザの加工もきれいで、細部まで神経が行き届いているのがわかる。

なお、この時計の場合、ロレックスの王冠の下に丸が三つある。これは「トリプロックリューズ」であることを示しており、三重構造のパッキンを使用して防水を高めているという意味である。

 

f:id:shirokuma-watch:20200820172044j:plain

ベゼルを拡大してみると、ベゼルに彫られた24時間ダイヤルの数字が何やらザラザラしているのが分かる。この数字部分も美しく見えるようにと、PVDという方法でゴールドまたはプラチナの薄い層でコーティングされている。ベゼルのギザギザの彫ってある面には筋目加工が施されているのも確認できる。

この辺りの芸が細かいのがロレックス。

 

普段何気なく見ている時計をキズミ(ルーペ)を通して観察すると、新たな発見があるかもしれない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルーペ ESCHENBACH エッシェンバッハ 10倍 EB1124-10
価格:3300円(税込、送料別) (2020/8/20時点)

楽天で購入