しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

時計屋放浪記【グランドセイコー】heritage collection SBGH245

時計との出会いを求め彷徨う。

いざグランドセイコーブテイックへ、、、

 

f:id:shirokuma-watch:20200801213542j:image

SBGH245 | COLLECTIONS | グランドセイコー公式サイト

スペック(グランドセイコー公式HPから抜粋)

外装 :ブライトチタン

裏ぶた:ブライトチタンとサファイアガラス

ガラス材質 :デュアルカーブサファイア

コーティング :内面無反射コーティング

ケースサイズ :横 40mm × 厚さ 13.3mm

駆動時間 :最大巻上時約55時間持続

静的精度:平均日差+5秒~-3秒 (携帯精度:平均日差+8秒~-1秒)

防水 :日常生活用強化防水(10気圧)

耐磁 :あり

重さ :105.0 g

その他 :
・シースルーバック
・カレンダー(日付)機能つき
・石数 37石
・秒針停止機能
・耐メタルアレルギー

 

価格79万2000円(税込)

 

SBGH245は「ちょうど良い腕時計」だ。

実に日本製らしいと言える。

 

40mmの直径は大きすぎず、小さすぎず。

13.3mmの厚みは、厚すぎず、薄すぎず。

SBGH245は誰にでもフィットしやすいサイズ感。

 

ブラックダイヤルに埋め込まれた立体的で美しいバーインデックス。

まるで日本刀のように美しい面で構成されたケース。

SBGH245は「セイコースタイル」と称するデザインコードに則って造られている。

  1. 平面を主体として、平面と二次曲面からなるデザイン。三次曲面は原則として採り入れない。
  2. ケース・ダイヤル・針のすべてにわたって極力平面部の面積を多くする。
  3. 各面は原則として鏡面とし、その鏡面からは極力歪みをなくす。

SBGH245はダイヤルもスッキリしていて、三針デイト。

少し意地悪く言えば「地味」な時計だ。

しかしセイコースタイルで形作られた外観は、時計を知らない人にも、これが「高級時計」であることを知らせてくれる。

しかも「嫌味なく」。

グランドセイコーの妙はここにあり。

 

f:id:shirokuma-watch:20200801213558j:image

ブレスレットもきれい。

 

さて、次はSBGH245の装着感。

、、、「軽い!!!」

何と105gだ。

重厚な見た目からはとても想像ができない。

試着して初めて気がついたが、SBGH245は「チタン」でできていた。

重さがないので、目を瞑って着けるとチャッちい時計をしている感覚。

それくらい軽いので長時間着けていてもこれは疲れないだろう。

 

「チタン」は軽いだけでなく、耐アレルギーという大きなメリットもある。

SS(ステンレススチール)のブレスレットだと、特に汗ばむ時期だと肌荒れが気になる人も少なくないはず。

筆者もそうだが、夏場はナイロンストラップで乗り切っている。とは言え、いかんせんカジュアルになってしまう。

お堅めの職場、業種だとナイロンストラップというわけにもいかないだろう。

そんな人にも(こそ)チタン時計はおすすめだ。

筆者が知る限りでは、高級ブランドのシンプルな機械式ドレスウオッチで、価格も手が届きやすいもので、「チタン」素材となると、SBGH245以外にはあまり見当たらない。

 

あとは10気圧(100m)防水も備えているというのもありがたい。

たとえば出先で突然の大雨に遭っても、腕時計の浸水を全く気にしなくて良いレベル。

 

SBGH245は、

  • サイズ感よし
  • デザインよし
  • 価格よし
  • 装着感よし
  • 耐アレルギーよし
  • 防水よし
  • 精度よし

と来れば「ちょうど良い時計」という以外に表現が見当たらない。

バリバリ働き盛りのサラリーマン・ビジネスマンや、見た目重厚なのに軽い腕時計を探している人、アレルギーが気になる人などにぴったりな一本である。