しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

夏場の腕時計はナイロンベルトでキメろ!取付け方法を実践

f:id:shirokuma-watch:20200525174605p:plain

はじめに

腕時計のベルト、どんなのをしてる?

 

純正品のまま?ステンレススチールか革ベルトの二択?

 

もう一つ忘れてはいけないのがナイロンベルトだ。

 

ナイロンベルトのデメリット

ただし、先にナイロンベルトのデメリットを述べておこう。

 

ナイロンベルトは余りにも軽すぎて、腕時計の装着感は不安定になる。

 

手の外側に文字盤が来るように着けていても、腕を大きく動かしたりすると、くるっと手首の内側に文字盤の面がずれてくることもある。

 

また、見た目はどうしてもチープ。

 

そして基本的にはドレスに合わせることはできない(合わせるべきではない)。

 

まあ夏場はクールビズだし、単色のシンプルなものも豊富にあるので、職場でもナイロンベルトは使えるだろう。

 

ナイロンベルトのよい点

ナイロンベルトのよい点は大きく二つ。

 

まずは、夏場にピッタリである。ステンレススチールベルトや革ベルトに比べれば、汗で気持ち悪くなることも少ないから。洗濯すれば気持ちよく使えるのも嬉しい。

 

そして、ナイロンベルトは取外し・取付けがとても簡単。その日の服装に合わせて毎日変えることができる。

 

シンプルなTシャツには、シンプルなものを合わせるもよし。インパクトのあるカラーデザインのものを合わせてアクセントを付けるのもよし。

 

派手目な色遣いのシャツなら、それと似たような統一感のある色を合わせてみるもよし。

 

なんせ、腕時計を「ファッションとして」もっと楽しめるようになる。

 

ナイロンベルトの取付け方法(実践)

では、ナイロンベルトの取り付け方法を実践してみたい。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180437j:plain

 

まずは、元々付いているベルトを取り外す。

 

この作業はバネ棒外しが必要になるが、自分でできない場合でも、腕時計店に持ち込めばやってくれるだろう。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180458j:plain

 

裏から見るとこんな感じ。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180517j:plain

 

今回は、ブルー×ホワイトのナイロンベルトを取り付けてみる。

 

 

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180708j:plain

 

まずは、12時側の隙間の方から、ナイロンベルトの先端を通す。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180728j:plain

 

そして、次にナイロンベルトの先端を6時側の隙間に通す。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180750j:plain

 

12時側~6時側の隙間にナイロンベルトの先端を通し終わった。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180808j:plain

 

次は、尾錠の方に付いている短いベルト(反り繰り返っている部分)の輪っかに、6時側から出ているナイロンベルトの先端を通していく。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180829j:plain

 

そうするとこうなる。これで完了。10秒もあれば十分。

 

見てのとおり、裏側のケースと手首の間にナイロンベルトが通るため、手首がケースの裏側に直接触れることはない。ステンレススチールアレルギーの人には嬉しい。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180848j:plain

 

文字盤側から見るとこうなる。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180911j:plain

 

装着。

 

f:id:shirokuma-watch:20200525180928j:plain

 

側面から。

 

まとめ

ナイロンベルトは、このように非常に簡単に取り付けることができる。

 

一つの腕時計でも、ベルトが変わるだけで、夏のファッションの幅が大きく広がるので、トライしてみよう。