しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

機械式腕時計「何か一本買うなら?」時計選びのプロが解説

f:id:shirokuma-watch:20200507134850p:plain

機械式腕時計で何か一本だけ買うとしたら、何がよいだろう?

 

筆者の見解では「スポーツウオッチ」で「シンプル」なものがよい。

 

ジャケットでも、カジュアルでも、家着みたいなジャージでも合わせられるもの。

せっかく高いお金を払って一本買うのだから。

 

どんな時でも違和感なく着けられるものがよい。

 

かっちりしたドレスウオッチや、ゴテゴテのスポーツウオッチは2本目以降で。

 

代表的なブランドで見ていこう。

 

ロレックス

ロレックスは全般的にOKだが、強いて一本挙げるとエクスプローラーだろう。

 

f:id:shirokuma-watch:20200410225215p:image

 

39mmは大きすぎないし、スムースベゼル。

 

華美な装飾もないので、ジャケットでも違和感はない。

 

IWC

IWCというとポルトギーゼのイメージが強いが、インジュニアはどうか。

 

ポルトギーゼは線が細めで繊細な印象があるが、インジュニアはガチっとしたタフな印象がある。

 

一瞬ロレックスのデイトジャストっぽくも見えるが、ロレックスは何か違うという人にはインジュニアに一見の価値があるだろう。

 

f:id:shirokuma-watch:20200410230951j:image

 

オメガ

オメガスピードマスターのイメージが強いが、クロノグラフに特にこだわりがないなら、クロノグラフなしの方がおすすめ。

 

理由はやっぱりクロノグラフは部品数も増えるし、故障のリスクが相対的に高まるからだ。

 

そこでオメガではシーマスターはどうか。

 

アロー針がいい感じのアクセントになっていて、地味でも派手でもなくバランスが取れている。

 

f:id:shirokuma-watch:20200410232317p:image

 

カルティエ

カルティエではサントスという選択肢もあるが、ドライブドゥカルティエもどうだろう。

 

どこかスポーティでもありつつ、エレガントでもある。

 

f:id:shirokuma-watch:20200410234906j:image

 

 

メジャーなところは大体こんなところだろう。

 

ラグスポ(ラグジュアリー・スポーツ)

予算が許す人なら「ラグスポ」はどうだろうか。

 

オーデマピゲ(ロイヤルオーク)

代表的なのはオーデマピゲのロイヤルオーク

 

f:id:shirokuma-watch:20200410233044p:image

 

ヴァシュロンコンスタンタン(オーヴァーシーズ)

 

f:id:shirokuma-watch:20200410233758j:image

 

ショパール(アルパインイーグル)

ちょっとマニアックなところで、ショパールのアルパインイーグル

 

f:id:shirokuma-watch:20200410234047j:image

 

何か一本というときの「スポーツ」×「シンプル」を選ぶ際の、だいたいのイメージは掴めたと思う。