しろくま腕時計紹介店

あなたの話を聴いて、あなたが本当に欲しいと思える腕時計を紹介するお店

批評【グランドセイコー】ヘリテージコレクション SBGH281 グランドセイコー誕生60周年記念限定モデル

今回批評するのはグランドセイコーSBGH281。

グランドセイコー

ヘリテージコレクション

SBGH281

価格70万4000円(税込)

グランドセイコー誕生60周年記念限定モデルだ。

スペック

外装 :ステンレス 裏ぶた:ステンレスとサファイアガラス

ガラス材質 :デュアルカーブサファイア

コーティング :内面無反射コーティング

ケースサイズ :横 40mm × 厚さ 13.3mm

腕周り長さ(最長) :200mm

中留 :ワンプッシュ三つ折れ方式

ムーブメント :9S85    取扱説明書

駆動方式 :メカニカル 自動巻(手巻つき)

駆動時間 :最大巻上時約55時間持続

精度 :静的精度:平均日差+5秒~-3秒

防水 :日常生活用強化防水(10気圧)

耐磁 :あり

重さ :156.0 g

その他 :

・シースルーバック

・ねじロック式りゅうず

・カレンダー(日付)機能つき

・石数 37石

・秒針停止機能

・裏ぶた「LIMITED EDITION」表記

・裏ぶたシリアルナンバー入り

・裏ぶた獅子の紋章つき

・スクリューバック (製造上の理由により、裏ぶたの向きには個体差があります)

公式HPより

サイズ感は良いし、精度も防水性も申し分ない。

ダイヤルの「紺」は日本の伝統色でグランドセイコーのブランドカラー、針の赤はモノづくりへの情熱を表現したものとされている。

が、紺(ダイヤル)・金(ロゴ)・赤(針と文字)という三原色的なカラーリングには直ちに受け入れにくい違和感がある。

紺のダイヤルと赤の針の組み合わせは「スポーティ」な印象だが、このモデルはスポーツウオッチという位置づけではない(ヘリテージコレクションに分類される)。

かといって、赤い針は落ち着いたドレスウオッチとも言い難い。

良く言えば、ドレス的要素とスポーツ的要素の両取りで、オンでもオフでも比較的広いシーンで使用できそうだ。

悪くいえば、ドレスウオッチとしてもスポーツウオッチとしても中途半端で、これを選択する決定打に欠ける。

裏蓋はシースルーバック仕様で機械好きには嬉しいポイントだが、獅子の紋章がけっこう濃くプリントされていて、ムーブメントの鑑賞を妨げている部分がある。

獅子の紋章を入れつつ、シースルーバックでもあるという両取りだが、悪くいえば中途半端なウラガワ。

誰がどういう目的、どんなシーンで使用する時計なのか、頭に浮かんでこないのは筆者だけだろうか。


時計ランキング