しろくま腕時計紹介店

あなたの話を聴いて、あなたが本当に欲しいと思える腕時計を紹介するお店

初心者向け「はじめての機械式腕時計の選び方」サイズ(直径)

初めて機械式腕時計を購入する際に悩むポイントの一つが「サイズ」だ。

買う前は検討項目としての順位が低いが、ファッションとの合わせ方や着け心地に直結するため、買ってから日々着けるうえではかなり重要な問題になる。

腕時計の直径は一昔前だったら30mm台前半くらいが主流だったがその後、どのブランドも次第に大型化していった。

現在、メンズ腕時計のサイズ(直径)は40mm程度が主流と思われる。

筆者は

  • ドレスウオッチ → 目立たないようシャツの袖に収まっていてほしい
  • スポーツウオッチ → インパクトがあってよいのでデカくても良い

と考えている。

オン・オフ両用の場合はその中間くらいがよい。

具体的にどのサイズでどう感じるかは人それぞれかもしれないが、

筆者を含む日本人男性で多い

  • 身長170cm前後
  • 体重60kg台後半~70kg台後半

くらいの体型を前提に、整理してみよう。

※あくまで筆者が色々と試着してきた感想に過ぎない。

 

  • 直径36mm:ドレスウオッチならちょうど良いが、スポーツウオッチだと物足りない。

www.shirokuma-watch.com

 

  • 38~40mm:ドレスウオッチとしても、スポーツウオッチとしてもちょうどよく感じる。

www.shirokuma-watch.com

www.shirokuma-watch.com

 

  • 42mm:ドレスウオッチにしてはやや大きく、スポーツウオッチとしてはちょうどよく感じる。

www.shirokuma-watch.com

www.shirokuma-watch.com

www.shirokuma-watch.com

www.shirokuma-watch.com

 

  • 44mm超:ドレスウオッチとしては大きすぎる、スポーツウオッチとしても大きく感じる。

www.shirokuma-watch.com

 

パネライを筆頭にデカ・厚「ブーム」が起きたが、いまはある種一つのカテゴリーとして定着した。

f:id:shirokuma-watch:20200127214930p:plain

しかし最近では、ジャガールクルトのマスター・ウルトラスリムの2019年新作が従来の40mmを39mmにサイズダウンしてリリースされたことにも表れているように、ドレスウオッチのサイズもコンパクト化(適正化)の傾向にあるように思う。

マスター・ウルトラスリム・デイト JLC 1238420 (フロント ) ミディアムサイズ

同じ種類でサイズ違いで販売されているものも少なくない。

買う前には試着して「サイズ(直径)」もしっくりきているか、よく吟味しよう。


時計ランキング