しろくま腕時計紹介店

あなたの話を聴いて、あなたが本当に欲しいと思える腕時計を紹介するお店

腕時計のたしなみ【ベルト】革ベルトに付け替えてみよう

腕時計のベルトには、代表的なものとして金属ベルト、革ベルト、ラバーベルトなどあります。

ステンレススチールベルトの腕時計をしておられる方。

革ベルトに交換して楽しみましょう。

腕時計の可能性が広がります。

www.shirokuma-watch.com

冬シーズンでおススメなのは「革ベルト」です。

革ベルトは夏場だと汗をかいてべとつきますからね。

f:id:shirokuma-watch:20191228162027j:image

着用しているのはロレックスのGMTマスターⅡ(Ref.116710LN)

 

  • ベルトを取り外す

ステンレススチールのブレスレットを取り外して、革ベルトを付けました。

「バネ棒外し」という工具を使います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【BERGEON】ベルジョン ばね棒外し用工具 時計工具 バネ棒外し ベルト交換...
価格:2730円(税込、送料別) (2019/12/28時点)

楽天で購入

慣れればさっとできます。

最初は苦戦します。

作業の過程でケースが傷つくこともありますので、気になる方はテープで保護してからやりましょう。

 

  • 革ベルトの色を選ぶ

革ベルトを選ぶ際は、まずは色。

文字盤の色、ベゼルの色、インデックスの色、または差し色に使われている色と合わせるのがベター。

着用しているロレックスのGMTマスターⅡ(Ref.116710LN)の場合

・ブラック :文字盤とベゼルの黒と合わせる

・ホワイト :アワーインデックスのホワイトと合わせる

・グリーン :GMT針のグリーンと合わせる

これらのほかにも合う色はあると思いますが、もうそこは感性になってしまいますので。

 

  • 革ベルトの素材を選ぶ

「革」とは動物の「皮」をなめしたもの。

素材としてはワニ、トカゲ、カーフ(子牛)、ピッグ(豚)、コードバン(馬)などがあります。各々ベルトの質感はもちろん違います。

着用しているロレックスのGMTマスターⅡ(Ref.116710LN)でいえば、ベゼル(セラミック)にはかなり艶(つや)があるので、艶のある革ベルトで合わせると統一感が出ると思います。

そこで選んだのは「松阪牛」の皮でできたこちらの革ベルト。

松阪牛といえば脂がのったおいしいお肉ですが、その皮にも油が大量に含まれています。

そういうものをレザーグッズにするのは難しいのですがそれをやったのがこのベルトです。

革ベルトをアップ撮影。

f:id:shirokuma-watch:20191228172710j:image

どうですか。艶があります。

この艶感はまるでコードバン(馬)のようです。

ただコードバンの耐久性は強いとは言えないので傷がよくつきます。

その点、牛の皮でこの艶が出せているのはこの商品の魅力です。

 

  • Dバックルに取り換える

購入した革ベルトは尾錠タイプのもの。

尾錠というのは、革ベルトを留めるこういった金具のこと ↓

test

しかし尾錠だと毎回穴に通して、外す、革を折り曲げるという動きが必要になります。

革の劣化が早くなります。

私はできるだけ物を長く使いたいタイプなので、Dバックルに取り換えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンビ Dバックル BAMBI 腕時計 バックル バンビ 時計 観音プッシュ式 ...
価格:3465円(税込、送料別) (2019/12/28時点)

楽天で購入

Dバックルに取り換えるとこうなります。

f:id:shirokuma-watch:20191228175758j:image

着用中の見た目はふつうの尾錠と変わりません。

f:id:shirokuma-watch:20191228175804j:image

プッシュボタンを押すとこのように外れます。

f:id:shirokuma-watch:20191228175816j:image

両開きタイプはこのように外れます。

Dバックルにするもう一つのメリットは「落下防止」です。

腕時計を着ける際に手が滑っても手首を通していれば落ちませんから。


時計ランキング