しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

MENU

ボヴェという隠れたスーパーブランド

 

「ボヴェ」なんて聞いたことない方が大半かと思います。

 

ボヴェは、1822年にスイスのフルリエで、ボヴェ家によって創業されました。ボヴェの時計の特徴は、その品質の高さとそこに施された贅沢な装飾です。早くからロンドンを拠点に中国にまで販売網を広げ、高級時計としての世界的な地位を確立しました。その後、2001年にパスカル・ラフィがオーナーとなり、生産体制を垂直統合し、ムーブメントを完全自社製造にするなど改革を打ち出しました。さらに、積極的な企業買収を通じ、独立性を確保し、製造する製品の品質をより高いものとすることが可能になりました。ボヴェは、30以上の賞や称賛を得るほど高い品質を保つことで、高級機械式時計を世界に広めることに努めています。

DKSHジャパンHPより

 

明記されていませんが、世界恐慌~第二次世界大戦の頃に事業が休止していて、パスカル・ラフィという世界屈指の時計コレクターが買収して復活させたという経緯。

 

現在は「少量生産」「高級・複雑時計」の路線でコアなファンを得ようとしています。

 



			

				ボヴェ初となる路面店、『ボヴェブティック銀座』オープンのお知らせ、2019年8月1日

 

2019年8月1日に銀座五丁目に初の路面店をオープンしています。

 

先日行ってきましたが、こじんまりとした空間で、じっくり見ることができました。

 

責任者の方はボヴェの良さを伝える熱意に溢れていました。

 

公式インスタとは別に独自にボヴェ情報を発信しているそうなので興味がある方はアクセスしてみてください。

 

ボヴェに行きつく方は「パテックフィリップ」や「ヴァシュロンコンスタンタン」といった雲上ブランドを既に所有していて、もう少し違ったテイストの物が欲しいと言う方が比較的多いそうです。

 

メンテナンス体制ですが、だいたいスイス本国送りとなり、スイス本国の凄腕技術者たちが責任をもって直すという話でした。

 

エントリーモデルの価格も300万円弱からなのでかなりの高級なブランドになります。

クラシカルな要素もあり、面白さもあり、ふつうの時計ではもう満足できないというリッチな方には良い時計です。

 

レビュー動画↓がありましたので貼っておきます。芸術品ですね。

 


SIHH 2019: Bovet Tourbillon Amadeo Fleurier Virtuoso IX, 19 Thirty Fleurier, Récital 21, and More!

 


人気ブログランキング

~ 時 計 選 び を も っ と 楽 し く ~