しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

時計屋放浪記【ジャガールクルト】マスター・ウルトラスリム・デイト REF. 1238420

ジャガールクルトから2019年新作ドレスウォッチのご紹介です。

 

私が試着した時計がこれです。 

 

f:id:shirokuma-watch:20200501121456j:image

 

ジャガールクルト Jaeger-LeCoultre

マスター・ウルトラスリム・デイト MASTER-ULTRA-THIN-DATE

REF. 1238420

価格は83万円(税抜)です。

 

ジャガールクルトは、1833年創業のスイス老舗ブランドです。

 

スイスでは古くから分業制が採られてきましたが、その中でもジャガールクルトは、ムーブメントを自社製造する「真のマニュファクチュール」(Manufacture=製造の意)として、数々の優れたムーブメントを製造してきた古豪です。

 

その実力は以前もご紹介のとおりですが、三大雲上ブランド(パテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタン)に、ジャガールクルト製のムーブメントが搭載されていた事実からも裏付けられます。 

 

 

www.shirokuma-watch.com

 

ご紹介のモデルの文字盤はシルバーグレイ色で、サンレイ仕上げ(文字盤中心から外周に向けて太陽光のように施した筋目模様)が施されています。

 

そして、ジャガールクルトの特徴の一つとして、長目のシャープなアワーマーカー(時刻を示すマーク)です。

 

また、このアワーマーカーは、ロジウムでコーティングされ、ポリッシュされています(鏡面のように磨き上げられている)。

 

また、キリっと見える「ドーフィン針」が採用されており、細長目のアワーマーカーとよくマッチして、全体的に非常にシャープな表情になっています。 

 

 

www.shirokuma-watch.com

 

6時位置にはデイト表示があります。

 

ジャガールクルトのHPではこのモデルについて、「洗練され奥ゆかしい趣味を持つ時計愛好家に愛される、クラシックなアイテム」と、簡にして要を得た説明がされています。

 

次に裏蓋ですが、シースルーバックとなっており、時計の中身(ムーブメント)を鑑賞することができます。

 

ジャガールクルトのムーブメントですから、精度や耐久性は無論、装飾・仕上げも細部まで丁寧に作りこまれていますので、これを自分のものとして鑑賞することができるならば、素晴らしく贅沢な時間でしょう。

 

f:id:shirokuma-watch:20190927084109j:plain

 

テンプ(上に見えるピンク色の石が中心についている、丸いゴールド色の部品)が回転する様子がよく見えるようになっています。

 

また、自動巻きローター(中心に取り付けられた半円形の部品)は肉抜きされているので、一層ムーブメントがのぞきやすくなっています。

 

大きさは39mmと、先代からサイズダウンされています。

 

そして、ウルトラスリムということで、厚みはわずか7.8mm(ムーブメント自体は3.3mm)に抑えられています。

 

5気圧防水(50m)と、ドレスウォッチですからこれくらいで問題ありません。

 

パワーリザーブが38時間と短い点だけが惜しいところですが、自動巻き(腕の動きでローターが回転してゼンマイを巻き上げる仕組み)ということで、なんとか許容範囲かと思います。

 

それよりも下の動画をご覧ください。

 

仕上げ、シースルーバックからのぞくムーブメント、すべて大変美しいです。

 


JAEGER LECOULTRE マスター ウルトラスリム デイト Q1238420

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャガールクルト JAEGER LECOULTRE マスター ウルトラスリムデイ...
価格:708000円(税込、送料無料) (2019/9/27時点)

楽天で購入

 


人気ブログランキング