しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

時計屋放浪記【ロレックス】ROLEX オイスターパーペチュアル 36

ブランドステータスもありつつ、普段使いに最適なドレスウォッチのご紹介です。

 

私が試着した時計がこれです。

 

f:id:shirokuma-watch:20200501121939j:image

 

ロレックス    ROLEX

オイスターパーペチュアル 36

価格は約55万円

 

大きさは36mmです。

 

最近主流の40mmからすると小さいのですが、ドレスウオッチならこのくらいの大きさが着けやすいと思います。

 

ロレックスの中ではリーズナブルで、エントリーモデルと位置付けられます。

 

また、同価格帯の他のブランドの時計と比較すると、

 

  • 作込み具合(ムーブメントは自社製で、高精度クロノメーターであるCOSCの認定を受けていますし、かつ、ケーシング後にもロレックスの厳しい検査を受けて出荷されています)
  • 素材(ハイテク産業や航空宇宙で利用される904Lスチールが採用されていたり、パラクロム・ヘアスプリングという高級部品を装備し、衝撃と温度変化に対して優れた耐性がある等)
  • 機能(100m防水等)

 

と、どれを取っても、かなり優位にあるように思います。

 

このモデルは、デイト表示が付いていません。

 

デイト表示がある場合、たとえば書類に日付を入れる際に確認できて便利です。

 

しかし、腕時計を数日放置すると、そのうち止まり、日付の調整が必要になります。

 

また、デイト表示がある場合は、時刻に昼夜の区別がありますので、たとえば10時00分を指していても、午前10時00分か、午後10時00分かというレベルの調整も必要になります。

 

この点、デイト表示がない場合、時計が止まって数日経ったとしても、時刻の調整だけで済みます。

 

また、文字盤上の情報が減る分、スッキリした印象になります。

 

特に、ロレックスのデイト表示は、通常、サイクロップレンズ、すなわち拡大鏡が付いているため、デイト表示が強調されます。

 

datejust

ロレックス デイトジャスト 36 ウォッチ : オイスタースチール - M126200-0004

 

ご参考まで、こちらはデイトジャストです。

 

デイト表示にサイクロップレンズがついています。

 

よりスッキリしたデザインを好まれる方は、デイト表示がない、オイスターパーペチュアルがおすすめです。

 

explorer

ロレックス エクスプローラー ウォッチ : オイスタースチール - M214270-0003

 

こちらは、ロレックスのスポーツモデルであるエクスプローラーです。

 

試着したモデルと雰囲気は似ています。

 

エクスプローラーは、スポーツモデルなので、針はベンツ針(メルセデス針)となります。

 

試着したモデルは、人気のスポーツモデル(エクスプローラー)にかなり近い印象があり、飾り気がなく、さりげなくロレックスということで、ブランドステータスもありつつ普段使いにも適しています。