しろくま腕時計紹介店

あなたの話を聴いて、あなたが本当に欲しいと思える腕時計を紹介するお店

腕時計のたしなみ【歴史】A.ランゲ&ゾーネ

A.ランゲ&ゾーネの歴史・ストーリーについての前回記事のつづきです。

新生A.ランゲ&ゾーネは、「ランゲ1」のリリースにより再興を果たしました。

https://www.alange-soehne.com/ja/node/911

ランゲ1です。

1時位置には、「アウトサイズ・デイト」と呼ばれる日付表示があります。

どこかで見覚えがありませんか。そうです、ランゲがパリ~英国~スイスでの修行旅を終えてドイツに戻ってから手掛けたとされる「ゼンパー・オーパー(州立歌劇場)の5分時計」をモチーフにしたデザインです。ブランドストーリーをきっちり形に落とし込んでいます。

www.shirokuma-watch.com

3時位置には、パワーリザーブがあります。

ランゲ1は、ジャガールクルトの手巻き式であるCal.822をベースにしており(同ムーブメントの開発者を招聘しています)、手巻き時計(腕の動きで自動的に巻き上げるシステムではない)です。

5時位置には、スモールセコンド(秒針)があり、9時位置には、時分針が配置されています。

ところで、ランゲ1は、丸型ケースの時計であるのに、なぜ角形時計に搭載されるジャガールクルトのCal.822をベースにしている点を不思議に思われたかもしれません。

実は角形ムーブメントを用いてできるスペースを利用することでこの独特な配置を可能にしたものです。

https://oceans.tokyo.jp/watch/2019-0608-6/

デザイン面では、IWCのポルトギーゼのデザイナーが担当したこともあってか、1993年に発表されたIWCのポルトギーゼと似ている雰囲気もありつつ、しかし、全く異なるデザインの概念が採用されています。

秀逸なのは、文字盤上にこれだけの機構が所狭しと配置されているのに、ごちゃごちゃ感はなく、むしろ、とても洗練された美を感じます。

またの機会に触れますが、美しいと感じるのには理論的な理由があります。

このように、まさに4代目ランゲが意図したとおり、伝統を受け継ぎつつ「新たなる規範を確立するような時計」が完成しました。

(完)

 

 ※本記事は「ドイツ腕時計№3 ジャーマンウオッチバイブル」(シーズファクトリー・2015年)116頁(K.KITAMURA執筆)を参考にしています。

本誌バックナンバー紹介 | GERMAN WATCH.jp

www.shirokuma-watch.com

www.shirokuma-watch.com

www.shirokuma-watch.com


時計ランキング

ランゲ&ゾーネ グランドランゲ1 117.032【新品】 メンズ 腕時計 送料・...
価格:3580000円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入