しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

MENU

時計屋放浪記【ウブロ】HUBLOT クラシックフュージョン チタニウム ホワイトシャイニー ブルー

シンプルでスポーティなモデルのご紹介です。

 

私が試着した時計がこれです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

I tried on CLASSIC FUSION TITANIUM WHITE SHINY BLUE. Hublot was founded in 1980. Although still a young brand, it produces innovative watches based on the philosophy of “First”, “Unique” and “Different”. When choosing Hublot, we recommend "BIG BANG" for those who want strength and presence, and "CLASSIC FUSION" for those who want simplicity. The watch's index and hands are glossy blue. This is suitable for a refreshing tee shirt. Let's enjoy watches! - #watch #timepiece #luxurywatch #watchofinstagram #watchoftheday #wristwatch #wristshot #watchgeek #watchlove #watchnerd #hublot #hublotclassicfusion #hublotwatches #hublotwatch #classicfusion #hublotclassicfusiontitanium #shinyblue #hublotlove #hublotlovers #hublotlover - #腕時計 #時計 #リストショット #ウブロ #ウブロクラシックフュージョン #ウブロ時計 #ウブロ好き #ウブロ男子

しろくま腕時計紹介店(@shirokuma_watch_japan)がシェアした投稿 -

 

ウブロ HUBLOT

クラシックフュージョン

チタニウム ホワイトシャイニー ブルー

 

ウブロは、1980年創業と若いですが、異なる素材やアイディアの融合(フュージョン)をコンセプトとした斬新なモデルで、人気が高いブランドです。

 

これが創業当初に発表されたモデル、クラシックです。

 

f:id:shirokuma-watch:20190809082512j:image

ウブロ/クラシックフュージョン | 高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]

 

高級腕時計の金素材にラバーベルトという組合せは、今ではそこかしこで見かけますが、当時としては極めて斬新な試みでした。

 

ウブロは、「舷窓」つまり船の窓という意味です。

 

舷窓と言われてもよく分からないかもしれませんが、このような窓です。

 

f:id:shirokuma-watch:20190807233534j:image

(筆者撮影)

 

初代クラシックのベゼル(文字盤の外の円)は、ビスで留められており、これが舷窓をモチーフにしたという点です。

 

その後、ウブロは経営が行き詰まりますが、ジャン・クロード・ビバー氏という敏腕経営者が立て直しに入り、ウブロの哲学を的確に分析した結果導き出した「フュージョン」というコンセプトを打ち立て、ビッグバンを発表し、躍進しました。

 

ビバー氏は現在、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループ時計部門の会長を務めており、その経営哲学の一端は、「間違える勇気」という本で知ることができます。

 

このモデルは、ウブロの哲学、すなわちFirst(先駆けであること)、Unique(ユニークであること)、Different(唯一無二であること)を体現する初代クラシックに、フュージョンという精神を落とし込んだものです。

 

ケースはチタンでできているので、スチールだとアレルギーが出る人でも付けられます。

 

価格は約83万円です。

 

スポーティでメカ感が強いビッグバンとは趣が異なり、シンプルでスーツスタイルにも合わせられ、使い勝手が良いといえます。

~ 時 計 選 び を も っ と 楽 し く ~