しろくま腕時計紹介店

あなたの話を聴いて、あなたが本当に欲しいと思える腕時計を紹介するお店

腕時計のたしなみ【手入れ】ブラシ クロス

腕時計を「嗜む」(たしなむ)とは、長く使える腕時計を、手入れしながら、使いつづけることです。

その時計のウオッチナリティー(個性・ストーリー・コンセプト等)が、自分のパーソナリティーと結びつくものであれば、手入れはたのしい時間になります。

さて、手入れは、「なぜそれをするのか」という趣旨を理解することが重要です。

今回は、ステンレススチール腕時計についての日常の手入れの紹介です。

f:id:shirokuma-watch:20190707213327j:image

まずは、毛先が柔らかいブラシをかけます。

これは、後にクロスで拭いていきますが、その際にホコリ等が表面に付着したままでは傷が付く可能性があるので、予め取り除いておく趣旨です。

柔らかい毛先のブラシでサッサッとしていきます。

コマとコマの間もホコリ等がたまりやすいので、ブラシの毛先を入れていきます。

f:id:shirokuma-watch:20190707213338j:image

そして、クロスで拭いていきます。

指紋等の汚れが消えてキレイになり、気持ちよくなります。

しかし、それだけではなく、錆(サビ)=酸化を防止する効果もあります。

ステンレス stainless とは、サビにくいという意味です。

つまり、サビないわけではなく、サビ「にくい」だけです。

サビにもいろいろな種類があり、サビ=悪ではなく、良いサビと悪いサビがあります。

黒サビ(四酸化三鉄Fe₃O₄)は、金属との密着性が高く成分も安定しているので、保護膜の役割を果たします。

一方、悪いサビは、赤サビ(酸化鉄2Fe₂O₃、2FeO)です。空気中の酸素との酸化還元反応により起きます。

ステンレススチールが赤サビにくい理由は、「酸化被膜」があるからです。

ステンレスの構成物質の一つであるクロムという物質が、空気に触れることで、緻密な構造の酸化被膜がスチールの表面に形成されます。

これが金属表面と空気・液体との化学反応を妨げる保護膜になります。

なお、高級時計の中には、針を手作業で焼き入れているものもあります。これは良いサビ(酸化被膜)を形成して、防錆性を高めているものです。

汗やホコリ等がスチールの表面に残ったままでは、酸化被膜が破壊され、赤サビが進行します。

そこで、スチールの表面をクロスで拭いて、キレイに保っておく必要があります。


時計ランキング