しろくま腕時計紹介店

高級ブランド腕時計の魅力をウオッチコーディネーター(日本時計輸入協会認定)が発信。時計ブランドの哲学や時計のコンセプトを分かりやすく紹介。腕時計選びに特化したブログ。

MENU

腕時計ベルトを付け替えれば一本の腕時計でも飽きずに楽しめる! GMTマスターⅡ黒黒を青×白ナイロンベルトに替えた感想

今回は腕時計のたしなみ方をご紹介します。

 

まずは腕時計のベルトです。

 

ベルトには、代表的なものとして金属ベルト、革ベルト、ラバーベルトなどあります。

 

梅雨から夏に向かって暑くなるこの季節、腕時計をしていると腕周りに汗をかきます。

 

革ベルトですと、素材にもよりますが、汗じみができたり、劣化が進行したりします。

 

そこで、この時期の選択肢としては、一般に、金属ベルトということになってきます。

 

しかし、金属ベルトでは、体質により、アレルギーが出ることがあります。

 

私自身、秋冬は特に症状がでないのですが、夏場のこの時期にステンレスベルトをするとすぐにアレルギーが出てしまいます。

 

アレルギーとは、皮膚などを通して、体内の元素バランスを変える物質が侵入しようとすると、恒常機能が危険を察知し、抗原を体外に排出しようとする現象をいいます。

 

腕時計に使用される金属(主に、ニッケル、コバルト、クロム、パラジウム等)に含まれる元素が腕の皮膚アレルギーを引き起こす性質を持っているのです。

 

そこで、私が最近利用しているのがこれです。

 

f:id:shirokuma-watch:20200501125506j:image

 

ナイロン素材のベルトです。

 

付け方は、ベルトをスイスイと通すだけなので簡単です。

 

 

 

とはいえ、その前に元のベルトを取り外さなければなりません(腕時計用の工具が要ります)。

 

慣れれば自分でできるようになります。

 

このナイロンベルトは3,000円で購入したもので、ナイロン製にしては、まあまあな値段ですが、その分、しっかりとしていて、着け心地も結構良いです。

 

アレルギーで金属ベルトを着けられない人でも、これなら気にせず楽しむことができると思います。

 


人気ブログランキング

~ 時 計 選 び を も っ と 楽 し く ~